新型コロナウイルス感染拡大と予防に伴う店舗対応について

Pocket



大切なお客様へ

 

新型コロナの影響が毎日のようにニュースで報道されています。千葉メガネ社員は
今まで以上に元気に明るく笑顔でお客様に安心・安全・明るい未来を届け続けていきます!
そのための社員ガイドラインを決め、必ず全員が遵守していきますのでよろしくお願いします。

 

① 『マスク着用』
マスクを着用して営業させて頂きます。
自己防衛の為ではなく、あくまでもお客様に安心をして頂くための措置であること、お客様の
不安感を払拭するために私たちは努力します。
お客様にはマスクを付けて営業させて頂くことをお許し頂きたくお願い致します。
私たちがマスクをする事で、お客様がマスクを外して快適に店内で過ごして頂けるようにします。

 

② 『検温』
毎日、検温を実施します。
37.5℃以上あるスタッフは仕事を休ませます。
自分自身で体調を判断し、病院へ行くか自宅で安静にするかを決めていきます。
37.5℃以上あるスタッフや平熱であっても平常時と比較し「せき」「倦怠感」「たん」の
自覚症状があるスタッフは仕事を休ませます。

 

③ 『除菌の実施』
検査台、検査に使用する器具、カウンターテーブル等、お客様の手が触れる可能性のある個所の
除菌を徹底致します。検査機をアルコール消毒する際は、お客様へアルコールアレルギーの有無を確認します。

 

④ 『手洗い、消毒の徹底』
接客が終わったら必ず手洗いと消毒をします。
次に対応させて頂くお客様への配慮と安心を提供するための措置です。

 

⑤ 『お客様のマスク装用』
お客様自身がマスクを付けたまま検査をしてほしいと要望があった場合は出来る限り応えていきます。
外す際は替えのマスクをこちらでは用意できない為、お客様ご自身での管理をお願いしております。
また見え方を確認して頂く上でどうしてもレンズが曇ってしまう場合がございます。
場合により、マスクを少しずらして頂く事もございますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

 

⑥ 『社員自身の衛生管理』
日頃からの生活を見直し、部屋を清潔に、綺麗にします。
着る物は特に着回しをせず洗濯をマメにする。
帰宅したらまず手洗いとうがいの徹底。
お風呂は必ず毎日入り、湯船で良く温める( 体温を上げる)
感染の起きやすい場所への立ち入りを回避「イベント会場」「スポーツジム」「屋形船」
「ビュッフェスタイルの会食」「雀荘」「スキーのゲストハウス」「密閉された仮設テント」等

永井 沙希子(千葉銀座店勤務)

強度近視・強度乱視で小学3年生からメガネを常用。眠りに落ちる寸前まで(もしくは寝ている間も)メガネを掛けるため、「ごろ寝専用メガネ」も持っているほど。趣味は読書とB級映画鑑賞。なにより食いしん坊。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト