よくあるご質問

質問をクリックすると回答をご覧いただけます。

最近流行っているパソコン用メガネだけど本当に目は楽になるの?

BLC(ブルーライトカット)メガネに関しては実は疲れそのものを軽減させるのもではありません。

まずパソコン作業やで疲れ目は何故起きるのしょうか?

正常な視力(遠くが普通に見えている)人間の目は遠くを見ている時は目がリラックスしていて、近くを見ている時に緊張し(力を入れ)ている状態になります。近場にピントを合わせる際は目の筋肉を使って調節する為、走って足の筋肉が疲れるのと同じ様に疲労します。要は近場を見続けるという事は目にとってずっと走り続ける事を同じ状態なのです。
当然走り続けて疲れれば足が止まる様に目も疲れればをピントを合わせにくくなります。その状態でさらに我慢を重ねると肩こりや頭痛、ドライアイといった症状を引き起こす原因となり得ます。
また目の場合は近場を見続けて疲労がたまり過ぎると見ていた近場にピントが合った状態で目の筋肉が固まってしまい、一時的に遠くが見えなくなってしまう症状がでる事があります。さらにこの状態で我慢を続けるとなかなか目の調節機能(ピントを合わせる力)が戻らず仕事が終わってもなかなか遠くの視力が戻らない仮性近視になってしまう可能性もあるので気を付けましょう。多くの方がこの症状で近視が落ちたと勘違いしてより強いメガネを作ってしまい強すぎて掛けられないといった事が多発しているので注意が必要です。

ブルーライトをカットするとなんのメリットがあるの?

ブルーライト(以下BL)となんなのか?特別なものでもなんでもなく簡単に言えば青い色をしたもの全てがBLを発しています。一番身近で強いBLはといえば青空でしょう。パソコンのLEDディスプレイの10倍程度強いとも言われています。 BLは我々にどういった影響があるかと言えば、実はまだよくわかっていません。現在考えられているのは体内時計に何らかの関わりがある、鎮静効果(落ち着かせる)があるといった事です。しかしまだ科学的確証もなく研究が進められています。しかしこれが本当だった場合は常にBLメガネを掛けていれば逆に体内時計がくるってしまうし、心を落ち着かせる事もなくなり常にイライラした状態が続いてしまう事になるので微妙なところです。

どうすればPC作業が楽になるのでしょうか?

いくつかの方法があるのでご紹介します。

パソコン専用の度数でメガネを作る。

PC作業で疲れる一番の原因は目の筋肉を酷使する事です。それを度数を調整したメガネで肩代わりしてあげようというのがPC専用メガネです。例えるなら今まで徒歩で通勤してたのを車通勤にした時くらい劇的に目の負担は軽減される事でしょう。気を付ける事としてなるべく正確な仕事環境を店員に伝える事です。PCまでの距離や自分の机周りの広さなど作業範囲が明確なほどピンポイントなメガネに仕上げる事が出来ます。

レンズにカラーを入れる。

目の酷使以外にもディスプレイの眩しさやチラつきも疲れの原因になると言われています。メーカーによってはパソコン用に開発された特殊カラーもあります。BLカットレンズを見るとは若干黄色がかっているのがわかると思います。これは青色をカットしている為に黄色が強く出てしまっている為に出ているのですがBLカットレンズを掛けてPC作業が楽になったとおっしゃる方の大半はBLをカットしているからではなくこの黄色が入っているからだという専門家もいらっしゃいます。
そして一番簡単な方法はディスプレイ自体を調節し光量を抑える事です。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)