よくあるご質問

質問をクリックすると回答をご覧いただけます。

いまいち自分に似合うメガネを探せないんですがどうすれば良いでしょうか?

洋服を選ぶのと同じ様に自分がどういう感じになりたいかを思い浮かべて選んでみましょう。 目的をはっきりさせる事がお気に入りのメガネを見つける一番の近道になります。顔に対してサイズを合わせるといった基本的な事は店員さんに相談すれば明確な答えを出してもらえると思いますが具体的なデザインになるとなかなか難しいです。なのでまず簡単に今までの自分と印象を変えたいのか、変えたくないのかを決めましょう。変えたくないのであれば形か色のどちらかを今までと同じ感じにすれば意外と違和感ないメガネを選ぶ事が出来ます。
問題はちょっとイメージチェンジしたいと考えている時です。ここでも基本は同じです。今までより明るく見せたいのか、知的に見せたいのか、流行に乗りたいのか、個性派でいきたいのかある程度方向性を決めればきっと店員さんが最適なメガネを提案してくれるはずです。

私はデザインより実用性を重視しているのですがどの素材が良いのですか?

どういった用途で使用するかで最適な素材は変わってきます。
実用性というのは掛ける人によって変わってきます。
・長持ちする素材
例えばひたすら丈夫で長持ちする素材であれば純チタン製をお勧めします。チタン製のメガネはかなり多く出回っていますがそのほとんどはチタン合金製です。要はチタンに何かしらの金属を混ぜて合金化した素材です。純チタンは非常に加工が難しく海外製のメガネではほとんど見られません。その特性は腐食に強く何年使用してもメッキ剥がれしにくく、弾力はさほどでもないかわりにしっかりとした掛け心地で非常に軽いです。
・ずり落ちてこない
近年、エクセレンスチタンという非常に軽く掛け心地の良い素材が人気があります。そのストレスがない掛け心地から多くの著名人にも愛用されていてテレビを付けると必ずと言って良い程掛けている人をいる事が出来ます。
特にストレスを軽減したい様な職業の方に人気で、政治家、医者、弁護士、作家、将棋士、事務関係など多くの人に愛されている素材です。
・子供が小さいのでなるべく型くずれしないフレームが良いのですが…?
この場合はいくつか選択肢があります。一つはプラスチック製のフレームにする。金属に比べると耐久性が高く型くずれしにくいですが、一定以上のしたらが加わると破損するというデメリットがあります。
もうひとつは形状記憶タイプのフレームにする事。これは金属タイプよりプラスチックタイプ(TR素材)の方が良いかもしれません。金属の形状記憶だと必ず形状記憶合金ではない箇所もあるので壊れにくいかもしれませんが型くずれはします。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)