老眼について

老眼について

老眼(老視)とは?

ピントを合わせるには水晶体を厚く変えなければなりません。
年齢と共に水晶体の厚みを変えるための筋肉が衰えたり、水晶体が固くなり弾性が衰え、近くにピントを合わせづらくなる状態のことを言います。

老視(老眼)の症状

遠くはよく見えるが近くがよく見えずに目が疲れてしまいます。
細かい字などを見る時、少し遠くに離した方が見えやすくなることがある場合があります。
個人差がありますが、一般的に40代頃から老眼は始まると言われています。

日々の生活の留意点について

・ほうれん草やブルーベリーなど、ルテインやアントシアニンなど眼に良い成分を含んだ食品を摂取するなど、バランスの良い食生活が大切です。
・デスクワークや読書をした際には目を休息させる時間を取りましょう。遠くを見たり、温かいタオル(蒸しタオル)などを眼に当てると効果的です。

老視(老眼)の方のメガネの作り方

・メガネを作る際に作業距離、範囲、使う用途、作業姿勢、照度などを細かく伝えましょう。(遠近や近々などレンズの種類が変わってくる場合がある)
・白内障なども視野に入れつつ、眼科で定期的な健診を受けましょう。また糖尿病など合併症で引き起こされる場合もあるので検診をおすすめします。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)