乱視について

乱視について

乱視とは

角膜や水晶体のゆがみによって、遠くや近くがぼやけてしまう状態のことを言います。
縦方向や横方向など、人によってゆがみ方は違います。

乱視の症状

ものが二重にぶれて見える。ゆがみ方によって縦方向がぶれて見えたり、横方向がぶれて見えたりしてしまいます。
どこを見てもピントが合わず、目が疲れやすいです。

日々の生活の留意点について

どこを見てもピントが合わず、目が疲れやすいのでメガネを掛け矯正することが大切です。
場合によっては頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。

乱視の方のメガネの作り方

・弱めの度数からから作っていきます。いきなり強い度数を入れるのではなく、弱めの度数で徐々に慣らしていきましょう。
・問診で、検査の者に外的な要因(事故などで眼に怪我をしたことがある、レーシックの手術をした等)を伝えましょう。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)