糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症について

糖尿性網膜症とは?

糖尿病の3大合併症の一つで、日本では失明原因の第一位でもあります。原因はそのまま糖尿病で、糖尿病を発症してから数年から10年ほどで発症すると言われています。血糖値が高い状態が続くことで網膜の細い血管が詰まったり、変形したりし易くなります。血管が詰まると酸欠になり、毛細血管が増加します。ただ毛細血管はもろく切れやすいため容易く出血します。それが瘡蓋のようになり網膜剥離を引き起こす場合も出てきます。

糖尿性網膜症の症状

かなり進行するまで自覚症状は現れません。進行は主に3つの段階「単純糖尿病網膜症」「前増殖糖尿病網膜症」「増殖糖尿病網膜症」に別けられます。初期では自覚症状はほとんど無く、2段階目においてようやくかすみなどを感じる場合があります。ただここでも症状が出ない場合もあるようです。3段階目になるとほとんどの場合において飛蚊症を生じます。

日々の生活の留意点について

まずは糖尿病にならないように、というのが一番でしょう。有効な栄養素としてはルテインの継続摂取が有効、との発表もあったため、それがひとつ。もうひとつはブルーベリーなどに含まれるアントシアニン。この抗酸化作用が効果的とも言われています。あとは定期的な検診を受けることでしょうか。

糖尿性網膜症の方のメガネの作り方

進行段階によりますがメガネで改善出来ない見え方も考えられます。メガネの新調でどこまで改善出来るのか、自分の考える不満が解決されるのか、まずは眼科で相談するべきでしょう。眼科でメガネを作って良い、と言われ、メガネ屋で相談する場合はしっかりと装用テストを行い、その見え方に自分が満足できるのか確認した上でつくるようにしましょう。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)