弱視・ロービジョン・視覚障害について

弱視・ロービジョン・視覚障害について

弱視・ロービジョン・視覚障害とは?

視力の発達する3歳ぐらいまでの幼児期に強度の遠視や乱視などの屈折異常でぼやけた映像しか見ておらず刺激を得ることが出来ずに視力が上がらない場合や、先天性の重い目の病気などで視力が悪い場合などがあります。

弱視・ロービジョン・視覚障害の症状

・視力の低下が起きる。重度の場合はメガネを掛けても視力があまり上がらない事もあります。
・乳幼児の場合に見た目は異常がない様に見えるが、目の前のおもちゃなどに反応を示さない場合やおもちゃなどを置いてもおもちゃを見ようとしないなどの様子が見られた場合は弱視の可能性があります。

日々の生活の留意点について

・子どもの様子を細かく観察しまう。テレビなどを見る時に目を細めたり首を傾けるなど、見えにくい仕草をしたり、視線が内側に寄ったりしていたら早めに検診を受けましょう。
・メガネを掛けて視力を良くするので、常にメガネを掛けましょう。

弱視・ロービジョン・視覚障害の方のメガネの作り方

・片目がよく見えている状態で片目が弱視の場合、早めの治療をしないと弱視の目を使わなくなってしまい、片目だけで見ている状態になってしまいます。
・3歳児検診での早めの発見、治療をすることによって弱視は改善される可能性が高いです。
・合併症等の可能性もあるので、問診で過去の病歴を検査担当に伝えましょう。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)