飛蚊症について

飛蚊症について

飛蚊症とは?

主に言われるのは紫外線が眼に入ることにより、眼の奥を満たす硝子体という組織内に活性酸素が発生。それが組織を変質させ飛蚊症を生じさせると言われます。この活性酸素は若い内だと分泌された酵素が分解してくれますが、年齢と共に酵素が少なくなり結果生じやすくなります。また老化やストレスで硝子体の繊維組織が壊れ、その繊維クズが眼の内部を漂い視界に入る、というものもあります。

飛蚊症の症状

目の前を小さな浮遊物が漂っているように見えます。のこ浮遊物の形状は様々で「糸状、小さな粒、小さな輪、半透明」など形が決まっていません。視線を動かしても着いてくるため消えませんし、一般に明るいところで余計に気になり易いと言われます。

日々の生活の留意点について

基本的な考え方としては紫外線対策となります。紫外線を防ぎ、活性酸素の発生を抑えることが有効と言えるでしょう。サングラスを掛けたり、パソコンやテレビ、携帯電話の使用を抑えることが対応となります。またルテインが有効な栄養素となります。このあたりメガネで対処出来る部分が多いと言えますね。

飛蚊症の方のメガネの作り方

飛蚊症は主に上記の原因となりますが、ほかに重大な眼病を患っているケースもあります。そのため症状を感知した場合は、その程度に関わらず必ず一度眼科に受診することが重要です。予防のためのメガネやサプリメントの摂取は良いのですが、症状を感知したらすぐ検診を受けることも同じくらい大切です。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)