はじめての方

はじめに

はじめにコンタクトレンズとは直接角膜に装着することにより、視力の屈折以上を補正する高度医療器具です。メガネで視力矯正を行っているよりも視界が広く、良好な視界を得ることができるのがコンタクトレンズです。
どんなに近視などが強度でも直接角膜に装用するため素顔のままの表情ですし、メガネのように顔に直接掛け、スポーツ時などでじゃまになることがないのが好まれる理由になっています。
大きくコンタクトレンズはハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに分けることができます。さらにソフトコンタクトレンズには2年から3年使用するコンベンショナルレンズとディスポーザブルレンズ(使い捨てレンズ)があり、最近よく見かけるようになったのは1DAYや2WEEKの短期間での使い捨てレンズです。さらに近年では各社コンタクトメーカーもシリコンタイプのソフトコンタクトレンズを発売し、眼にとっての酸素供給や健康を意識し始めています。
それぞれには特徴があり、ハードコンタクトレンズの良いところは酸素透過が良いため眼にとって良好な酸素供給ができます。ただし、装着感に関しては最初ゴロつきを感じやすく慣れにくい面もあります。
ソフトコンタクトレンズの良いところは手軽に異物感なく使用することができる点です。初めての方でもすぐに慣れてしまいます。使い捨ての1DAYなどはケアも必要ないため非常に気軽に使用することができるのもメリットです。
短所は酸素透過が低いこと、さらに柔らかいので角膜に多少の傷やゴミが入ったりしても異物感が少なく気づきにくい。なにか異常があっても早期に発見しにくい点です。
それぞれ一長一短はありますが、若年層を中心にメガネではなくコンタクトレンズを常用する方は増えています。使用上の注意をしっかりと把握し、メガネあってのコンタクトと考えるのが正しい考え方です。ライフスタイルと眼の健康に合わせて両方使用していただきたいのが、弊社の考え方です。

お問い合わせはこちらへCONTACT

お客様専用窓口(千葉銀座店)受付時間 9:30~19:00 (定休日なし)