眼鏡屋がおすすめする検眼前に準備しておきたい事

Pocket



7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

 

悲しいことに、ある調査では実に多くの方が、

「メガネを作って後悔した経験がある」 と答えています。

せっかく作るメガネですから、使いやすく、お気に入りの1本にしたいですよね。

そこで本日は、メガネ屋がおすすめする

「より使いやすいメガネを作るためのポイント」をご紹介します。

 

『今までの眼鏡で何に一番不便を感じていたか?』

新しくメガネを作るからには、今までの生活で不便・不満があったのではないでしょうか?

それは見え方かもしれないし、掛けごこちや、見た目(デザイン)に関することかもしれません。

例えば実際にはこんな声を頂いています。

 

・遠くは良く見えるんだけど、パソコンを長時間使うと疲れる。

・見え方は良いんだけど、メガネが重くてすぐ落ちてきてしまう。

・冠婚葬祭で掛けるにはちょっと派手だと家族に言われた。

 

どんな些細なことでも結構です。ぜひ不便・不満のある点をメガネ屋に伝えてください。

ab9544b7d7e85ff098a2e9a6e2e26ce2_s

 

『何を見るためのメガネか?を明確に』

より使いやすいメガネを作るために「使用目的・使用距離」を伝える事はとても重要です。

多くの場合、検査時にスタッフから問診があります。

できるだけ具体的に「見たいもの、見たい距離」を伝えましょう。

 

多くのメガネ屋では、検査後の見え方の確認のために

新聞、文庫本、地図、裁縫道具、辞書、パソコンなどは用意があります。

 

ですがこれ以外の特殊なものを見る!という方は、

可能ならばその「特殊なもの」をご持参いただくのがベターです。

書道やお琴の楽譜、生協の注文書などなど…

あとは専門家が距離に合わせて度数を設定します。

 


5499b4522c40cf2d86ba3a39a6d7d013_s

 

『どんなシーンで掛けるメガネか?』

冠婚葬祭で使いたい、ビジネスシーンで使いたい…

掛けるシーンによってお勧めするフレームも変わってきます。

もちろん、これ1本でON/OFFまかないたい、という答えもOKです。

あとは掛ける環境も重要です。

運転時に掛ける、砂が舞う職場で掛ける、冷凍庫と屋外を行き来する…

特殊な環境には、特殊なレンズ・フレームのご用意があります。ぜひご相談下さい。

 

いかがでしたでしょうか?

以上の事をあらかじめ頭に思い描きながら、メガネ屋へ行ってみて下さい。

きっと本当に欲しかったメガネを作成することが出来ます。

永井 沙希子(市原店勤務)

強度近視・強度乱視で小学3年生からメガネを常用。眠りに落ちる寸前まで(もしくは寝ている間も)メガネを掛けるため、「ごろ寝専用メガネ」も持っているほど。趣味は読書とB級映画鑑賞。なにより食いしん坊。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト