子供の弱視を克服!メガネはよく効く治療薬?

Pocket



古民家と子供

 

 

「この子が3歳児検診で弱視と判断されたんです。ちょっとショックで…」

 

「いまいち弱視がどういうものか理解が追いつかないんです」

 

突然の宣告には驚いてしまいますよね。不安になってしまうのも当然だと思います。

今回はそんな不安を少しでも和らげるべく、弱視についてお話しします。

 

 

鼻の下にえんぴつをはさむ女の子 

 

『そもそも弱視って?』

 

弱視とは、メガネなどで矯正をしても視力が1.0出ない目のことを言います。

視力はピントのあった映像を取り込み刺激を与えることによって育まれます。

遠視や乱視が原因でピントのあった映像を取り込めず視力がうまく育たず、医師に弱視と判断されるというケースが多いです。

右目と左目の度数の差が大きく、良く見える方の目ばかりで見てしまい、もう片方の目を使わなくなってしまう弱視を、「不同視弱視」と言います。

 

 

『弱視は治るの?』

 

視力が上手く育たずに弱視と判断された場合、弱視は治る可能性が大いにあります。

そのためには早期の治療が大切になります。

医師の判断のもとメガネを作り、ピントのあった映像を取り込んで治療をします。

アイパッチ装着の指示が出ている場合は、指示があったほうの目に装着します。

 

 

花粉症で目がかゆい

 

弱視の場合、メガネやアイパッチはいわば「お薬」のようなものになっています。

メガネやアイパッチを装着することが、風邪を引いた時にお薬を飲んで治すことと同じになります。

視力は6~8歳頃までにしか発達する事が出来ません。

なので3歳児検診などで早期の発見をすることがとても大切です。

 

 

木の陰から女の子(笑顔)

 

「メガネやアイパッチを付けることがかわいそう…」と思わずに、これらを付けることによって視力を育て、色々な可能性に挑戦出来る未来を想像してみてください。

 

武藤谷 榛夏(四街道店勤務)

眼鏡店勤務歴は3年生になりました。亥年らしく猪突猛進で日々勉強中! 夢は「武藤谷さんからメガネを買ってよかった!」のお言葉をたくさん頂くこと。 現在愛用中のメガネは「KIO YAMATO」 星空や天の川など宇宙を感じる柄が大好きです。漫画は背表紙買い。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト