メガネを掛けると視力が変わりやすい?進みやすい?そんな疑問にお答えします

Pocket



 

 

「メガネを掛けるようになったら視力の進みが早いような気がする」

 

「メガネを掛けると逆に目が悪くなりそう」

 

「子供のうちからメガネを掛けさせるなんて可哀想」

 

親御さんや祖父母さんからこのような声をよく聞きます。

実際メガネを掛ける事で視力の変化はあるのでしょうか?そのような疑問にお答えしたいと思います。

 

 

「目にあったメガネであれば、メガネが原因で視力が悪くはならない」

 

当たり前の話かもしれませんが、ご本人に適切な度数のメガネであれば目を傷めたり負担を掛ける事はありません。

 

ここで注意しなくてはいけないのが、「目に合っていない」メガネを掛けてしまう事です。

 

「目に合っていない」と言うのは、例えば近視の場合は「余剰に度数が入った」状態。我々では「過矯正」と言いますが、この状況ではピントも上手く合わせる事も出来ず負担が増え、頭痛や肩こりの原因となります。

 

遠視の場合は「度数が足りない」状態ですとご自身の調節力を使わなくてはいけない事になってしまい、メガネを掛けて負担を減らすはずか逆に負担を掛けてしまい疲れの原因になってしまいます。

 

現状のメガネがちゃんとご自身に合っているか?眼科さんや眼鏡店にてチェックをした方がよろしいかと思います。

 

 

「適切なメガネを掛ける事が、将来の視力に影響を与えます」

 

「メガネを掛けさせるのが可哀想」、よく伺うお話です。しかし子供の時期に視力や物を見る機能が形成されていきますので、その時期に適切な見え方・処置を施さないと大人になった際に色々な問題が出て参ります。

 

例えば運転免許。普通免許の条件が両眼視力0.7です。しかしメガネを掛けていなかったり視力のあっていないメガネを掛け続けてしまうと「良い見え方」の刺激を与えていない為、視力が上がらない傾向があります。目の網膜や視神経・脳に適切な見え方を刺激で与えてあげましょう。

 

遠視の場合では大人になって遠視が残ってしまうとPC作業等、近くの作業で調節力が足りず眼精疲労の原因になります。目薬で対処するのはあくまでも「対処」であって、根本の解決にはなりません。早めの解決策の為に適切なメガネを掛ける事が重要です。

 

 

 

 

「 ま と め 」

 

「目にあったメガネであれば、メガネが原因で視力が悪くなることはありません」

 

「適切なメガネを掛ける事が、将来の視力に影響を与えます」

 

いかがでしたか?メガネを掛ける事は後々の影響を与えない為です。お子様の笑顔を守るため、是非メガネの着用をお願い致します。

 

 

柏原 篤(千葉銀座店勤務)

眼鏡業界歴22年の本人はまだまだ若手のつもりでいるベテラン。自身が強度近視であることから、お客様の気持ちに立ったメガネづくりを心掛けている。特に厚みの出てしまうレンズを美しく加工することが得意。千葉メガネ一番の薀蓄(うんちく)の持ち主、めがねのブランドやその他雑学に関してはお任せ、とは本人の弁。 最近第一子が誕生したこともあり、子どもの話を振ってあげるとたいそう喜ぶ42歳。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト