メガネの修理~プラスチックのツルが折れた!~

Pocket



『メガネの修理特集』

第一弾はプラスチック(正式にはオプチル)のツルが完全に折れてしまった際の修理をご紹介致します。

 

Exif_JPEG_PICTURE


▲今回お預かりしましたメガネ、C.ディオールのフレームです。販売時とても人気があったモデルだったそうです。素敵なメガネですね。ただ、ご覧のとおりツルの部分が割れています。

Exif_JPEG_PICTURE


▲ディオールのメガネということで、素材はオプチルです。どうりで素材そのものに傷みが全くでていません。一度購入された店で修理を断られてしまった、とのお話しでした。とっても気に入っているメガネとの事でしたので、これは是非直したい…!

 
 お客様には

 ①修理の金額は~¥10,000ほど掛かるかもしれない

 ②修理痕が残る可能性がある

 ③期間は3週間ほど掛かる

 上記をご了承いただいて、いざ福井県鯖江の修理工場へ~!

 ↓そして帰ってきたメガネがこちら!!

Exif_JPEG_PICTURE


この通り、ピッカピカの新品同様です!これには私たちも驚きました。

 修理工場からは、

 ・折れた箇所に金属の芯を入れる

 ・修理痕は少し残る

 という旨を伺っていましたが…こんなにキレイに戻るとは!

Exif_JPEG_PICTURE


▲これでまたお気に入りのメガネを掛けて頂く事が出来ます!

 お客様にも喜んでいただけて、私たちも嬉しい限りです。

 鯖江のメガネ修理の専門工場は、どんな壊れたメガネのことも

 「どうすれば掛けられるようになるか?」方法を提案してくださいます。

 新しいものを買えばいい、という考え方もありますが、

 「もう売っていないメガネ」「思い入れのあるメガネ」に関しては

 修理して気持ち良くまた掛けましょう~!

 メガネの修理・改造のご相談は、千葉メガネへぜひご相談ください。

 フリーダイアルもしくは各店への問い合わせメールでもご相談承っております。

 そのほか修理に関してはこちらをご覧下さい。⇒メガネの修理・カスタマイズ

永井 沙希子(市原店勤務)

強度近視・強度乱視で小学3年生からメガネを常用。眠りに落ちる寸前まで(もしくは寝ている間も)メガネを掛けるため、「ごろ寝専用メガネ」も持っているほど。趣味は読書とB級映画鑑賞。なにより食いしん坊。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト