サングラスは濃い色がダメって本当?それともウソ?

Pocket



%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%82%92%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%81%9f%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

 

最近テレビや雑誌で「濃い色のサングラスを掛けると目にとって良くない!」なんてお話をよく聞きます。

紫外線やまぶしさを防ぐための大事なアイテム、サングラス。

 

 

「濃い色が入っているんだから紫外線もよけられてるんじゃないの?」

 

 

「なんで濃い色はだめなの?」

 

 

今回はそんな疑問にお答えしたいと思います!

 

 

%e9%9d%92%e7%a9%ba%e3%81%a8%e6%97%a5%e5%b7%ae%e3%81%97 

「紫外線は目にどんな影響を与えるの?」

 

眼は入ってくる光を感知し、その情報を脳に伝える大切な働きをしています。

しかし目は他の臓器と違い、唯一外部にさらされているため、紫外線の直接的なダメージを受けやすい箇所です。

目の中に紫外線が当たるとお肌と同じように目にも日焼けと同じ現象が現れ、炎症が起こり目が赤くなったり痛くなったりします。それが目の中のレンズでもある「水晶体」に変化をもたらします。

水晶体に長年紫外線が当たり続けると水晶体のたんぱく質に変化が起こり、濁ってしまいます。

よく耳にする「白内障」と呼ばれる病気にもつながりやすくなってしまいます。

白内障にかかると物がかすんで見えたり、ぼやけて見えたりします。

実はこの紫外線が白内障になる原因の第一位と言われています。 

 

 

 

 

%e9%ba%a6%e3%82%8f%e3%82%89%e5%b8%bd%e5%ad%90%e5%a5%b3%e5%ad%90

 

 

「色が入っていれば紫外線はふせげているんじゃないの?」

 

 

実は、現在市販されている多くのメガネレンズは無色でも紫外線を反射させて目に入らないようになっています。

「色=紫外線カット」と理解しがちですが、色はあくまでもまぶしさをよけるための役割を担っています。

 

 

 

悩むぱっつんの女の子 

 

「色が濃いサングラスは目に良くないって本当?」

 

最近話題になっているのは「色の濃いサングラスを掛けると暗くなり瞳孔が開いてしまい、目に有害な紫外線が目の中に入りやすくなる」という内容です。

よって色の濃いサングラスは紫外線対策には適さない、というある意味間違いではない内容です。

逆に色の薄いサングラスであれば視界があまり暗くならず瞳孔が開いてしまうこともないので、紫外線が目の中に入る心配も少ないと言えます。紫外線のことを考えれば薄いサングラスの方がいいように思えますが、それではまぶしさがおさえられません。

 

 

 

 

 

泣く女の子

 

 

「じゃあ色が濃いサングラスでは紫外線はよけられないの?」

 

 

現在市販されている多くのメガネレンズは紫外線をカットしています。

しかしそれは表側から入ってくる紫外線には効果的なのですが、背中側や後ろ側からの紫外線は逆に顔側に反射して目の中に入ってきてしまう可能性があります。

そこで各社メガネレンズメーカーでは「レンズの裏側に当たるしがい紫外線を吸収して反射させない」ようにするレンズが発売されています。

これなら色が濃いサングラスでも紫外線をカットしてくれるので安心して掛けることが出来ます!

 

 

いかがでしたか?

まだまだまぶしさを感じる季節、上手にサングラスを活用して紫外線から目を守りましょう!

なお、調光レンズは実際に店舗でご覧いただけます。色の変わり具合など、気になる点はぜひ実際にご相談ください!

 

武藤谷 榛夏(四街道店勤務)

眼鏡店勤務歴は3年生になりました。亥年らしく猪突猛進で日々勉強中! 夢は「武藤谷さんからメガネを買ってよかった!」のお言葉をたくさん頂くこと。 現在愛用中のメガネは「KIO YAMATO」 星空や天の川など宇宙を感じる柄が大好きです。漫画は背表紙買い。

Pocket

ご感想をお寄せください

 お名前*

 メールアドレス*

 あなたのウェブサイト